棒に・・・

暑かったですな・・・

そんな中、六本木は、スーパー・デラックスへ〜

EP-4 [re-imagined] TOKYO

最初に登場したのは、ニウバイル!

どんどん人が入れ替わるので、どこまでがどのバンドなのかってのが全く分からん状態で・・・

鈴木創士、ユン・ツボタジがEP-4 unitP、佐藤 薫と家口成樹がEP-4 [fn.ψ]。

それに、家口成樹、須藤俊明、大谷能生、田畑満、伊東篤宏、ホソイヒサト、大田譲、荒木 康弘、テンテンコ、山崎春美山本精一が加わったり、抜けたりで・・・

しかも演奏ノンストップ状態で人が入れ替わるんですから・・・

全く、どれがどれかは完全把握ができないですよね〜

それに、Liquid Lighting & DJ, VJ : kaoliquid × 森田潤!

ホント、実に雰囲気に合った怪しい映像をステージにかぶせてて・・・

休憩時間を挟み、ほぼほぼ4時間の長丁場でしたな・・・

そこで、本日の1曲!

「Five To One/EP-4

Found Tapes収録2曲目。

なんとこの曲を演りました!

事前告知で、EP-4バンド本体は出演いたしません なんて言ってたんですが・・・

EP-4本体の曲は、何曲か披露してくれたんですよ〜

まさか、この曲を生で聴ける日が来るとは・・・

そん事は、絶対ないだろうと思ってた矢先に〜

足が棒になりましたが、それには変えられない貴重な体験ですよ!

広告を非表示にする